ちょめちょめブログ

メーカー勤務のサラリーマンが運営するブログです

実は凄い! 非上場企業特集2 @tapt_

 

前回記事をまだ読んでいない方はこちら!

→‪「実は凄い!非上場企業特集1」http://tapt.hatenablog.jp/entry/2017/12/22/171915

 

ここからは 前回記事の続きです。
 

 

7.株式会社ジェーシービー(JCB)

資本金:106億1,610万円
(2017年3月末日現在)

年間取扱高:26兆5,660億円
※事業における取扱額の合計(一部推定値を含む)(2016年度)

従業員数:4,420名 ※時給制契約社員(サポーティブ・アソシエイト職)を含む
(2017年3月末日現在)

 

クレジットカード会社のJCBですね。

実は非上場なのです。

 

8.ヤマザキマザック株式会社

資本金:20億円(単純合計136億2,000万円)

売上高:非公開

従業員数:7,991人(グループ企業合計)※2017年7月現在

事業内容:CNC工作機械・自動化システム・生産支援ソフトウェア・レーザ加工機等の開発・生産・販売・輸出

 

日本の四大工作機械メーカーの一角です。ちなみに他の3社はオークマDMG森精機ジェイテクトです。

 

ヤマザキマザック?どこそれ?」

 って思う方はたくさんいるでしょう。

 

実はここ、凄い企業なんです!

工作機械の市場で国内首位、世界市場でも首位なんです。1987年には工作機械メーカーの売上高で世界一となり、現在までずっと世界一位の座を保っています。

ヤマザキマザックは世界に誇る日本のモノづくり企業の象徴とも言える企業なのです!

 

過去にヤマザキマザックの工場見学に行ってきたことがありますが、大迫力でした。その後はヤマザキマザック美術館にも行きました!

19年には、岐阜にヤマザキマザック工作機械博物館もオープンするみたいなので、是非とも行ってみたいですね!


9.エースコック株式会社

資本金:19億2435万5千円

売上高:936億円(国内522億円 海外414億円)(2016年12月期)

従業員数:5,982名(国内693名 海外5,289名)(2016年12月末時点)

 

食品メーカーのエースコックです。

インスタントラーメンの製造販売を行っています。

 

エースコックのワンタンメンは日清食品チキンラーメンと共に長く愛され続けるロングセラー商品であることは有名ですね!


10.森ビル株式会社

資本金:670億円

連結売上高:2,587億円(2017年3月期)

従業員数:1,294名(2017年4月)

 

六本木ヒルズができてから会社としての知名度が上がってきましたね!

今では会社説明会がすぐに満席になるみたいです。

 

六本木ヒルズの他にもラフォーレ原宿表参道ヒルズアークヒルズの運営もしています!

 
11.東京地下鉄

資本金:581億円

売上高:3,829億円(平成28年度)

従業員数:9,475人(平成29年3月31日現在)

 

東京メトロですね。

通勤・通学で利用している方も多いんじゃないんでしょうか?

 

東京地下鉄は国と東京都が出資しています。


12.ナミックス

資本金:8,000万円

売上高:264億円(2016年度実績)

従業員数:531名(2016年度末現在)

事業内容:電子部品用導電・絶縁材料の研究・開発、製造、販売 

 

「ナミックス?どこやねん!」 って思われた方がほとんどだと思います。


ミックスの技術は、普段目にすることはあまりありませんが、TVやスマートフォン等の電子機器を駆動させる、ICの保護用接着剤などに使われています。
皆さんの携帯電話が真夏の車内でも、真冬でも当たり前のように使えるのは、ナミックスの技術が活かされているからなのです。

 

過去には、経済産業省から、国際市場の開拓に取り組んでいる全国の企業のうち、ニッチ分野において高いシェアを確保し、良好な経営を実践している企業として「グローバルニッチトップ企業100選」に選ばれたこともあります。

 

13.豊島

資本金:30億円

売上高:1,795億9,205万円(2016年6月期)

従業員数:526名(男 320名、女 206名) [2017年6月30日現在]

事業内容:各種繊維品(綿花・羊毛などの素材から、原糸、テキスタイル、製品まで)の卸売・輸出入及び三国間貿易 他

 

豊島は、繊維産業の町一宮市(愛知県)を代表する繊維商社です! 業界では一位です!

豊島の強みは、繊維事業に特化することで、総合商社にはない専門的な情報やネットワークを有していることと繊維専門商社の中でも珍しく、繊維原料や原糸、生地を取り扱う「素材部門」から、最終製品を取り扱う「製品部門」まですべての分野を手掛けていることです。

 

現役社員の方と話したことがあるのですが、良くも悪くも皆さんがイメージする通りのThe 商社って感じの雰囲気みたいです!笑

あまり詳しいことは怖くて書けません……(^_^;

 

 

まだまだたくさんの企業があるので、続きは3で書きます!