ちょめちょめブログ

メーカー勤務のサラリーマンが運営するブログです

実は凄い! 非上場企業特集3 @tapt_

前回記事をまだ読んでいない方はこちら!

「実は凄い!非上場企業特集1」http://tapt.hatenablog.jp/entry/2017/12/22/171915

「実は凄い! 非上場企業特集2」

http://tapt.hatenablog.jp/entry/2017/12/22/223443

 

ここからは前回からの続きになります。

 

14.矢崎総業株式会社

資本金:31億9,150万円

連結売上高:1兆7,404億円(2016年6月20日)

グループ従業員数:21,600名(国内)267,700名(海外)(2016年6月20日現在)

事業内容:自動車部品および生活環境機器の研究・開発・設計・製造・販売

 

矢崎総業を知らない方は多いと思いますが、凄い企業ですよ!

 

自動車部品事業がメインになります!

主力製品の『ワイヤーハーネス』は、自動車に必要な電線や情報回路をコンパクトに束ねた、クルマの神経・血管にあたる主要部品であり、世界トップクラスのシェアです。


15.株式会社ミツトヨ

資本金:391百万円

連結売上高:118,822百万円 (2015年12月期実績)

従業員数:2,702人(国内) 2,383人(海外)

 

知らない方が多いと思いますが、ミツトヨはモノの寸法をはかる精密測定器分野で世界首位(世界シェア30%)の企業です。

主力製品のノギスとマイクロメーターでは国内シェア90%越えで世界でも圧倒的なシェアを誇っています。

これらは、1000km(東京~福岡間)の長さのうち、髪の毛一本分のズレすら許さないほどの精密さを誇っています。

''mitutoyo''と書かれたノギスが置いてある研究室もあると思います。

 

これは数ある技術の一部でしかないのですが、ペットボトルのキャップを閉められるかつ、液体が漏れないのはミツトヨの技術が活用されているからなのです。


16.株式会社山田製作所

資本金:20億円

売上高:443億円(単独)
            962億円(連結)(2017年4月)

従業員数:1,599名(2017年3月末)

 

輸送機器(四輪車や二輪車)の機能部品や流量測定部品の製造販売を行っているメーカーです。

 

流量測定部品というのは、各種試験装置やガスメーターなどに使われています。

山田製作所の主力製品の一つである四輪用機能部品『オイルポンプ』は世界No.1シェアを誇っています。


17.株式会社ロッテ

資本金:2億1,700万円

グループ売上高:3,232億円(2016年)

従業員数:4,100名(日本ロッテグループ合算)※2017年3月現在

 

皆さんお馴染みのロッテです。

 

私はコアラのマーチが大好きです。

 

韓国ロッテグループは色々ありましたよね?

横領……とか?

 

18.田中貴金属グループ(TANAKAホールディングス株式会社)

資本金:5億円

連結売上高:1兆642億5900万円(2016年度)

連結従業員数:5,120名(2016年度)

 

傘下に田中貴金属工業、田中電子工業、その他グループ企業があります。

 

田中貴金属工業は、貴金属地金および各種産業用貴金属製品の製造・販売および輸出入が主なビジネスモデルです。

 

田中電子工業は、各種ボンディングワイヤの開発・製造・販売・および顧客への技術支援・サービスの提供が主なビジネスモデルです。

 

自動車向けリレーの接点材料では実に世界シェアの50%を保有しています。

 

田中貴金属グループでは、資産用の金などの取り扱いも行っています。

 

19.吉野石膏株式会社

資本金:34億6百万円
売上高:1155億円(2005年12月期)
従業員数:900人

 

宅建材メーカーです。

石膏をもとにつくられる耐火建材石膏ボード(学校の天井とかによくあるタイガーボードとか言われている特徴的なアレ)の日本国内最大手です。シェアは約80%です。

2位のチヨダウーテと市場を寡占している状態です。

 

20.小川香料株式会社

 

「香料業界について ‪ http://tapt.hatenablog.jp/entry/2018/02/13/235840‬」 を参考にしてください。

 

21.株式会社イシダ

資本金:9900万円
連結売上高:1,091億円(2017.3)
連結従業員数:3,451名(2017.3)

 

業務用の計量包装機の製造販売が主なビジネスモデルです。

 

計量包装業界では、国内1位(シェア75%)、世界2位(シェア50%弱)です。

 

工場で食品が製造され、計量され、包装され、小売店に運ばれるまでにイシダの技術が大いに活用されています。


その他.大手出版社・新聞社
出版社:小学館講談社集英社など

新聞社:朝日新聞社読売新聞社など

 

出版社や新聞社にも非上場企業はたくさんあります。

 

表現を公に晒す組織として、(特殊な思想を持った)株主に口出しされるのは都合が悪いのでしょう。

 

 

いかかでしたでしょうか。

 

皆さんがよく名前を聞く企業から名前を全く聞かない企業まで様々だったと思います。

 

1から3まで挙げた企業全てを知っている方はほとんどいないんじゃないでしょうか。

 

このように世の中には、非上場であるが、世界に通用する力を持った企業はたくさんあります。

私が知らないだけで、他にも多くの有力な非上場企業は存在していることでしょう。

 

非上場企業は、①株主にとやかく言われない②株主への配当金を払う必要がないので、その分を従業員に還元できる③株主がいないために迅速な経営判断ができ、世の中の流れに素早く対応できる等、メリットもあります。

 

世の中には、上場する資格があっても、あえて上場していない企業も存在します。

 

これから就職活動が本格化してくる学生は、上場企業だけではなく、こういった非上場企業にも視野を広げていきましょう。

 

本記事は以上になります!

 

購読・コメントお待ちしております!

 

Twitterもやっているので、よろしければフォローお願いします🙏

ID:@tapt_