ちょめちょめブログ

メーカー勤務のサラリーマンが運営するブログです

簿記2級[工業簿記]~個別原価計算~ @tapt_

簿記2級の工業簿記の個別原価計算を自身の復習用として簡潔にまとめました。

せっかくなので、公開して皆さんと共有しようと思い、記事にしました。

 

 

 

1.個別原価計算

 2.製造直接費の賦課と製造間接費の配賦

3.製品が完成し、引き渡した時

4.製造間接費の予定配賦

 

 

 

1.個別原価計算

 

個別原価計算…顧客の注文に応じて製品を製造する受注生産形態に適用される原価計算方法

 

注文を受ける→製造指図書を発行(原価計算表を作成)→工場で製造指図書にもとづいて製品の製造を開始

 

2.製造直接費の賦課と製造間接費の配賦

 

賦課(直課)…製造間接費を各製品に集計する手続き

配賦…製造間接費を一定の基準によって各製品に割り当てる手続き

             ↪配賦基準

①製造間接費の配賦計算

配賦率=製造間接費の実際発生額÷配賦基準数値の合計

配賦額=配賦率×各製造指図書の配賦基準数値

 

3.製品が完成し、引き渡した時

 

原価計算表の備考欄の記入について

月末の製品の状態    備考欄

仕掛品――――――――→未完成

製品―――――――――→完成

↓―――→未引渡し――→未引渡

引渡済み―――――――→引渡済

 

②各勘定の記入

 

製品が完成したら、完成した製品の原価を

仕掛品→製品勘定 へ振り替える

完成した製品を顧客に引き渡した時は、その原価を

製品勘定→売上原価勘定 へ振り替える

 

4.製造間接費の予定配賦

 

製造間接費も予定配賦を用いて計算することが認められている

 

①予定配賦額の計算

 

予定配賦率=年間の製造間接費予算額÷基準操業度

予定配賦額=予定配賦率×各製造指図書の実際配賦基準数値

 

②月末の処理

 

月末に製造間接費の実際発生額を計算し、予定配賦額と実際発生額の差額を

製造間接費勘定→製造間接費配賦差異勘定 へ振り替える

 

予定配賦額―実際発生額=+n(製造間接費配賦差異)←不利差異・借方差異

予定配賦額―実際発生額=―n(製造間接費配賦差異)←有利差異・貸方差異

 

③会計年度末の処理

 

月末ごとに計上された

製造間接費配賦差異(の残高)→売上原価勘定 へ振り替える

※製造間接費配賦差異が借方差異だと売上原価勘定の借方 へ振り替える

※製造間接費配賦差異が貸方差異だと売上