ちょめちょめブログ

メーカー勤務のサラリーマンが運営するブログです

簿記2級[工業簿記] ~部門別個別原価計算~ @tapt_

簿記2級の工業簿記の部門別個別原価計算を自身の復習用として簡潔にまとめました。

せっかくなので、公開して皆さんと共有しようと思い、記事にしました。


1. 部門別個別原価計算とは

 

① 単純個別原価計算
→比較的規模の小さい工場で採用される原価計算方法です。製造間接費を配賦するとき、工場全体で発生した製造間接費を1つの配賦基準(直接作業時間など)によって配賦。


② 部門別個別原価計算
→規模の大きな工場で採用されるもの。工場の規模が大きくなると、作業内容によって部門(部署)が設けられる。工場全体で発生した製造間接費を部門ごとに集計しなおし、その部門に適した配賦基準で各製造指図書に配賦。

      単純個別原価計算
製造間接費――――――→1つの配賦基準――――――→製品No1
                       ↳――→製品No2
      部門別個別原価計算
製造間接費―――――→A部門――⤵―――→製品No1
           B部門―――⤴―――→製品No2
           

2. 製造部門と補助部門

 

① 製造部門
→材料の切断、部品の組み立て、製品の塗装など、製品の製造に直接関わる部門


② 補助部門
→材料や製品の運搬、機械の修繕、工場全体の事務処理など、製品の製造に直接関わらず、製造部門をサポートしている部門

3. 製造間接費の部門別計算

 

① 製造間接費の部門別計算の流れ
Ⅰ 造間接費を各部門に集計する
Ⅱ 補助部門を各製造部門に配賦する
Ⅲ 製造部門費を各製造指図書に配賦する


② 製造間接費を各部門に集計しなおす
製造間接費はどの部門で発生したものかが明らかかどうかによって部門個別費と部門共通費に分けられる

部門個別費
→どの部門で発生したものかが明らかな製造間接費をいう。各部門に賦課する

部門共通費
→どの部門で発生したものかが明らかではない製造間接費をいう。各部門に配賦する。

 

③ 補助部門費を各製造部門に配賦する
直接配賦法
→補助部門間のサービスのやりとりを計算上無視し、補助部門費を製造部門にのみ配賦する方法をいう。

相互配賦法
→補助部門間のサービスのやりとりを計算上でも考慮し、補助部門費を製造部門と補助部門に配賦する方法をいう。第1次配賦では、補助部門費を製造部門と他の補助部門に配賦し、第2次配賦では、第1次配賦で他の補助部門から配賦された金額を製造部門のみに配賦するという方法である。


④ 製造部門費を各製造指図書に配賦する
各製造部門に集計された製造部門費を、適切な配賦基準を用いて各製造指図書に配賦する。

 

4. 製造部門別の予定配賦


① 製造部門費の予定配賦
製造部門費についても予定配賦率を用いて配賦(予定配賦)することが認められている。


② 予定配賦額の計算
年間の製造部門費の予算額(製造部門費予算額)を見積り、これを年間の予定配賦基準数値(基準操業度)で割って部門別予定配賦率を計算する。

~公式~
部門別予定配賦率=年間の製造部門費予算額÷基準操業度
予定配賦額=部門別予定配賦率×各製造指図書の実際配賦基準数値

 

③ 月末の処理
月末において、製造部門費の実際発生額を計算し、予定配賦額と実際発生額の差額を
製造部門勘定→製造部門費配賦差異勘定 へ振り替える
製造間接費の予定配賦額→製造部門費勘定の貸方 へ集計
実際発生額→製造部門費勘定の借方 へ集計
差額は製造日門費配賦差異勘定 へ振り替える