ちょめちょめブログ

メーカー勤務のサラリーマンが運営するブログです

簿記2級[工業簿記] ~総合原価計算Ⅱ~

簿記2級[工業簿記] ~総合原価計算Ⅱ~の復習用ページ

 

1.工程別総合原価計算

 

①工程別総合原価計算

→同一製品を2つ以上の作業工程によって大量生産する生産形態に適用される原価計算をいう。

 

②工程別総合原価計算の計算方法

工程ごとに原価を計算していく。

まずは、第1工程の完成品総合原価を計算する。第1工程完了品はそのまま第2工程に投入され、第2工程の始点で投入された材料として扱われる。したがって、第1工程の完成品総合原価は第2工程では直接材料費として計算する。

なお、第2工程では第1工程の完成品総合原価のことを全工程費という。

このように、第1工程の完成品総合原価を第2工程に振り替えて計算する方法を累加法という。

 

2.組別総合原価計算

 

①組別総合原価計算とは

→同じ作業工程で、2つ以上の異種製品を大量に生産する生産形態に適用される原価計算をいう。

 

②組別総合原価計算の計算方法

組製品ごとに原価を集計し、計算していく。

各組製品の製造原価は、各組製品に個別に発見し、直接把握できるかどうかにより組直接費と組間接費に分類される。

 

3.等級別総合原価計算

 

①等級別総合原価計算とは

→同じ作業工程で、同一種類であるが、サイズや重さ、品質などの違いによって等級別に分けられる製品(等級製品)を大量に生産する生産形態に適用される原価計算をいう。

 

②等級別総合原価計算の計算方法

等価係数…各等級製品に原価を配分するさいには、サイズや重さなど、一定の値に基づいて決定された原価の割合負担。

積数…各等級製品の完成品数量に等価係数を掛けた値。

 

積数=等価係数×各等級製品の完成品数量