ちょめちょめブログ

メーカー勤務のサラリーマンが運営するブログです

半導体製造装置業界について② @tapt_

こんにちは、ちょめちょめです。

 

本記事は「半導体製造装置業界について①(‪http://tapt.hatenablog.jp/entry/2018/02/19/230359‬)」の続きになります。

 

主要(大手)企業のご紹介の前に後工程もご説明します。

 

半導体の製造工程[後工程]~

 

①バックグラインド

②ダイシング

③ダイボンディング(マウント)

④(ワイヤ)ボンディング

⑤モールディング(封止)

⑥メッキコーティング

⑦フォーミング

⑧マーキング

⑨製品検査

 

後工程の詳細については(東芝HP>半導体製造エンジニアリング http://www.toshiba.co.jp/index_j3.htm)を参考にしてください。

 

~各工程で強みを持つ企業~

①東京精密、ディスコ

 

②ディスコ

 

③ファスフォード・テクノロジー、ウシオ電機

 

④キューリック&ソファ(シンガポール)、新川

 

⑤TOWA、住友重機械工業第一精工

 

荏原製作所東京エレクトロン

 

⑦石井工作研究所、太洋電産

 

⑧アマダミヤチ、芝浦メカトロニクス

 

⑨東京精密、レーザーテック

 

後工程に関しては、中小企業が目立っている印象にあります。

 

全工程(前後)の詳細については(ソニーHP>ソニーセミコンダクタマニュファクチュアリング株式会社>半導体ができるまで https://www.sony-semiconductor.co.jp/seihin/handoutai)を参考にしてください。

 

ちなみに①のバックグラインドにはテープ加工が施されるのですが、このバックグラインドテープは日本企業がシェアをほぼ独占しています。

1位:三井化学

2位:リンテック

3位:日東電工

4位:古河電気工業

富士キメラ総研2016年データより

 

 

それでは、今度こそ日本の主要(大手)半導体製造装置メーカーをご紹介していきます。

 

~参考~

営業利益…企業が本業で稼いだ利益を表します。 売上高から売上原価を差し引いた「売上総利益」から、さらに「販売費および一般管理費販管費)」を差し引いて計算します。

 

営業利益率…製造業の平均は1〜2%です。 10%を安定的に超えると高収益企業と呼ばれます。企業の収益率であり、この数字を見れば企業の実力がモロ分かります。

 

売上総利益…商品または製品の売上高から売上げられた商品または製品の売上原価を差引いた差額。 売上総利益は企業における最も重要な利益源泉を表わすから,損益計算書では第1区分として表示される。 売上総利益から営業費たる販売費および一般管理費を控除して営業利益を算定し,営業利益に営業外収益費用を加減して経常利益を計算します。

 

売上原価…商品を仕入れるとき、もしくは製造するときにかかる費用のことです。 <売上高-売上原価=売上総利益>であり、売上原価が小さければ小さいほど、会社の儲けは大きくなります。 売上原価とは商品を仕入れたり、製造したりするときにかかる費用のことを指します。 売上高から売上原価を差し引くことで売上総利益が求められます。

 

自己資本比率…返済不要の自己資本が全体の資本調達の何%あるかを示す数値であり、<自己資本÷総資本(自己資本他人資本)>の式で算出できる。 自己資本比率が小さいほど、他人資本の影響を受けやすい不安定な会社経営を行っていることになり、会社の独立性に不安が生じる。自己資本比率が40%をこえると会社はつぶれないとも言われている。

 

※2018.2/22現在の最新のデータ

 

 

東京エレクトロン株式会社

資本金:549億円

連結売上高:799,719百万円
営業利益:155,697百万円
営業利益率:19.4%
有利子負債:0
自己資本比率:67.2%

 

半導体製造装置世界4位、国内1位の企業です。米アプライドマテリアルズとの経営統合は破談に終わりました(独占禁止法に抵触するため)が、そこからは単独での成長を狙っています。

好財務です。

 東京エレクトロンの強みは商社からスタートしたこともあり、なんといっても商売が上手いところです。

東京エレクトロンは元々、日商岩井(現:双日)出身の商社マンが海外の半導体製造装置メーカーを国内に輸入する専門商社として事業を興したのが全ての始まりでした。

そこから、自分たちでも半導体製造装置を作り始め、国内外に納入するようになりました。長い年月をかけて技術を磨き上げると共に、商売のノウハウも積み上げていきました。

その証拠として、高い営業利益率を誇ります。東京エレクトロンの考え方として、利益(率)を大切にしており、高い利益はお客様に貢献したことの「証」として誇っているらしいです。

 

 

株式会社SCREENホールディングス(旧:大日本スクリーン)

資本金:54,044百万円

連結売上高:300,233百万円
営業利益:33,731百万円
営業利益率:11.2%
有利子負債:14,985百万円
自己資本比率:47.5%

 

半導体製造装置世界6位、国内2位です。

SCREENディングスの強みは、技術力の高さです。その証拠として、世界トップシェアを持つ製品が複数あります。半導体製造装置事業だけでも

松葉式洗浄装置(世界シェア40%)

バッチ式洗浄装置(世界シェア72%)

スピンクラバー(世界シェア60%)

3つも世界シェアを持っている製品があります。

売上高としての規模が小さくても高い技術力を誇っているのがSCREENホールディングスの強みです。

ちなみに他の事業でも世界シェア製品を持っています。

しかし、マーケティングが弱いのか、東京エレクトロンの商売が上手すぎるのかは分かりませんが、技術力の割に営業利益率が低い印象にあります。

 

 

株式会社アドバンテスト

資本金:32,363百万円
連結売上高:155,916百万円
営業利益:13,905百万円
営業利益率:8.9%
有利子負債:44,745百万円
自己資本比率:47.3%

 

半導体製造装置世界7位、国内3位です。

アドバンテスト半導体製造装置というよりも半導体試験装置がメインです。

アドバンテストは元々、計測の分野に特化したベンチャー企業からスタートしました。計測の技術を応用し、半導体の検査装置へと事業領域を拡大させてきました。

半導体の製造工程では、製造装置により、ウエハー(半導体素材)の上に電子回路を形成した後、回路に信号を流し、正常に動作するかどうかを試験しますが、アドバンテストはこの試験装置(いわゆるテスター)に強みを持ち、約40%で世界シェアトップを誇ります。

また、研究開発に力を入れており、不況時においても、売上高に占める研究開発比率が最低10%はありました。2015年では、売上高に占める研究開発比率が19.6%あります。

アドバンテストは従業員数に対して、文系職種の採用人数が極端に少なく、かなりの狭き門となっています。

例年、1人採るか採らないかレベルです。

ちなみに私は一次面接で落ちました(笑)

 

 

日立ハイテクノロジーズ

資本金:7,938百万円
連結売上高:644,545百万円
営業利益:53,107百万円
営業利益率:8.2%
有利子負債:0
自己資本比率:60.7%

 

半導体製造装置世界9位、国内4位です。

特徴は、商社機能を備えたメーカーということです。

強みとしては、日立グループの1つであり、日立グループ全体が持つノウハウや技術力を活用できる環境にあることです。また、本体の日立製作所の研究開発施設を利用し、日立グループの顧客と共同研究ができることです。

要するに日立グループ全体のパワーや販売網や技術力を利用でき、シナジー効果が見込めます。

 

 

 

半導体製造装置関連には他にも

 

株式会社ニコン

株式会社日立国際電気

株式会社ディスコ

レーザーテック株式会社

 

等があります。

日立国際電気は少し前にKKR(投資ファンド)のTOBで話題になっていました。

ディスコはここ最近、最高益を更新し続けており、かなり絶好調ですね。

レーザーテックについては、「メーカー営業利益率ランキング(‪ http://tapt.hatenablog.jp/entry/2017/12/27/204020‬)」を参考にしてください。

 

 

~海外競合他社~

 

アプライド・マテリアルズ(米) 

半導体製造装置業界世界1位です。

全ての工程の装置の製造を行っている半導体製造装置の総合メーカーです。

成膜工程装置でおよそ半分のシェアを握っています。

 

ラムリサーチ(米)

半導体製造装置業界世界2位です。

半導体エッチング装置で世界シェアトップ。

 

ASML(蘭)

半導体製造装置業界世界3位です。

ArF液浸露光装置でほぼ独占状態です。

 

KLAテンコール(米)

半導体製造装置業界世界5位です。

 

テラダイン(米)

半導体製造装置世界8位です。

 非メモリのテスターでは半分のシェアを握っており、圧倒的トップ。

 

いかがでしたでしょうか。

 

「経済の体温計」とも言われる株価は落ち着きを見せていますが、それでも未だ高水準です。

世界的にはまだまだ半導体の需要があるといえるでしょう。

 

半導体技術に関しては、はっきり言って日本は絶望的ですが、半導体製造装置技術は未だ世界に高い影響力を持っています。

その証拠として、半導体製造装置産業は日本と米国だけで約8割のシェアを占めています。f:id:tapt_Twitter:20180219222650g:image

 

少しでも興味を持たれた方はご自身でも色々と調べてみると、新たな発見があると思います。

 

今後も業界別に記事にしていこうと思います。

 

本記事はこれで終わり!

 

Twitterやってます

 @tapt_

良かったらフォローよろしくお願いしますm(_ _)m